カテゴリー
今日は何の日

6月12日は『2009年新型インフルエンザの世界的流行』

2009年の6月12日、WHOが新型インフルエンザの警戒水準をフェーズ6に引き上げ、パンデミック(世界的大流行)を宣言しました。

【『新型インフルエンザ』と『新型コロナウイルス』と】

内閣官房新型インフルエンザ等対策室に、2009年当時の報道をまとめた記事が載っています。
「マスクが手に入らずパニック」「生徒に感染が確認された高校への激しい誹謗中傷」など、現在のコロナ禍と変わらない状況。当時も多くの批判が集まったはずなのに、繰り返されているのが辛い。未知の病原体を恐れる気持ちを抑えるのは難しいということですね。

2009年新型インフルエンザ ―「未知の感染症」をどのように報じたのか?―

世界中で深刻な問題となった新型インフルエンザの死者は、世界で1.4万人。これでも大変な数字です。
対してコロナウイルスは、感染者727万人、死者41.3万人。そして現在も世界中で感染が続いています。
比較するとコロナウイルスの感染力の強さ、死亡率の高さがよく分かります。

新型インフルエンザでのWHOの終結宣言は2010年8月10日、約14カ月でした。
より感染力と死亡率が高く、インフルエンザのような季節性ではないコロナウイルスとなれば、更に時間が掛かる可能性は高いと思います。
果たして終息はいつになるのでしょうか…。

【当院は『ファイテン(株)』の代理店・サポーターです】

今回は『RAKUWA磁気チタンネックレス BULLET』をご紹介

多くの現代人が悩まされている、首や肩のこり。
悪い姿勢や運動不足、ストレスによる血行不良によってこりが引き起こされると言われています。
「RAKUWA磁気チタンネックレス BULLET」は、
紐の中芯すべてに採用された強力な磁気が首・肩を包み、血行を改善。固くなった装着部位のこりを改善します。

https://www.phiten.com/magnetic_neck_bullet/

紐の中芯部分全体に磁石を採用しており、装着部位のこり及び血行を改善します。その効果の高さは、医療機器として認証されていることからも明らかです。

当院でご予約できます!詳細はスタッフまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です