カテゴリー
中野区

中野区ハザードマップ

新しくなったマップを手に入れましょう

備えあれば患いなし

ハザードマップとは、自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したものです。予測される災害の発生地点や、被害の拡大範囲および被害程度、さらには避難経路、避難場所などの情報が地図上に図示されています。

例えば中野区の洪水ハザードマップでは、妙正寺川や神田川などが大雨によって洪水になった場合の浸水予想区域と浸水の深さ、各地域の避難場所が示されています。

このハザードマップが、令和2年8月に改訂されました。

今回の改訂では、主に以下の内容を変更しています。
(1)情報学習面の充実化(災害・避難情報の種類と入手方法や、避難行動のタイミングを検討するためのタイムラインの掲載等)
(2)ハザードマップの明瞭化(地図の縮尺を「1/16,000」から「1/8,000」に変更し、浸水予想区域、道路及び建物を明瞭にした。)
(3)洪水ハザードマップと土砂災害ハザードマップを統合した。

https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/508000/d029325.html

災害が発生した時に、安全な避難行動や適切な対応を行うことで被害が軽減できるよう、手元に置いておきましょう。

中野区ハザードマップは、
危機管理課防災対策係(本庁舎8階13番窓口)、
総合案内窓口(本庁舎1階)、
各区民活動センター、
各すこやか福祉センターにおいて配布しています。

下のリンクからは閲覧・印刷ができます↓↓

中野区ハザードマップ(中野区公式ホームページ)

作成者: Yuichi

えん接骨院は【日曜・祝日も診療】【待ち時間なし"予約制"】『超音波・微弱電流(マイクロカレント)・ハイボルテージ・SSP療法』等の物理療法機器が充実しており、怪我や痛みを短期間で治療することが可能です。『中野新橋・中野坂上・新中野の駅周辺の方に多く利用いただいております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です