接骨院ってどんなところ?


『接骨院』って何するところ?

接骨院(整骨院)とは、日常生活やスポーツで起きた突然(急性)の痛み、ねんざ・挫傷(肉離れ)・打撲などの外傷の痛みを治療するところです。

柔道整復師という国家資格保持者が施術を行います。

健康保険労災(労働災害保険)、交通事故の自賠責保険など公的な保険を利用できます。


『柔道整復師』ってどんな人?

柔道整復師は、捻挫や打撲などのケガを治療する専門家の資格です。手術や投薬を使わない「出血を伴わない治療」が特徴で、手技や物理療法を使って機能回復を図ります。

“柔道”とあるのは、柔道の元になった古い武術「柔術」での、ケガを治す整復術がベースになっているためで、柔道の達人でないと取れない資格ではありません。

専門の養成施設で三年間修学し、卒業後に国家試験を受け、合格すると厚生労働大臣免許の柔道整復師となります。

資格取得後は、接骨院(整骨院)という施術所を開業できます。


整形外科とどうちがうの?

整形外科では、医師が治療を行なっています。
主な治療内容は、以下の通り。

  • レントゲン・MRIなどの画像検査
  • 痛み止めや湿布などの薬の処方
  • 局所麻酔やステロイドなどの注射
  • 外科手術
  • 出血を伴うケガ

上記はすべて医療行為に当たり、医師のみができることです。

接骨院とは、症状や患者さんの求める治療に応じて使い分けていただくことになります。


どんな時に健康保険が使えるの?

保険が適用される範囲は以下の通りです。

ケガや痛み
ねんざ・挫傷(肉離れ)・打撲など外傷性のケガ。
骨・筋肉・関節の、負傷原因がはっきりしている急性の痛み

骨折や脱臼の応急処置(その後必ず医師の診断が必要です)
医師の同意があれば骨折や脱臼の継続的な治療が可能です。

交通事故
主に自賠責保険を使って窓口負担無しでの通院が可能です。

労災保険
仕事中や通勤途中のケガは労災保険の適用となります。
こちらも窓口負担無しでの通院が可能です。

リラクゼーションは保険外です
単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の適用になりません。このような症状で施術を受けたい場合は、自由診療コースの対象になります。

掛け持ちはできません
他の保険医療機関(病院、診療所、他の接骨院など)で同じ箇所の治療をした時は、当院では保険の適用になりません。


いくらかかるの?

【保険診療の場合】
厚生労働省の定めた『柔道整復療養費』に沿って請求します。
目安として、3割負担の初検は2,000円前後
二回目以降は数百円代になることが多いです。
※保険の部位数や施術内容により支払額が変わります。